ミュージカリズム

自然への敬意

"MUSICAL COLORS" El Periodico (Barcelone, Spain 2005)."

A SMASH HIT ON THE RIVIERA" Riviera Times (August 2009),

"SUPREME" Brian Sewell N°1 art critic, London (2007)

"Mesmerizing, Hypnotic" Beverly Kaye, art dealer, curator, CT New York 2012

Collectors : Julian Lennon, Alan Callan (x-exec Led Zeppelin's Swan Song), Nicola Bowen (PR)

Steve & Yvone Moore,  Vlad Nordeman (Lawyer), Llopart Cava

 

マークヴェイは、ただ樹々だけを狂ったように描いている。樹々達は、彼の幼年期の大切な思い出である。
それらの思い出は彼自身の中に、今でも深いインパクトとして残り続けている。

「樹々達は自分の一部である。」とヴェイは語る。

超現実スタイルを元に、彼の色とりどりの音楽で樹々達をダンスさせるかのように、キャンバスに色を奏でる。

この独自のスタイルをヴェイは「ミュージカリズム」と呼ぶ事にした。

「私の音楽的成功は過去のものだが、音楽は今でも私の絵の中に生きている。」



2007年、ロンドンにてイギリスの有名な美術評論家、ブライアンスールに出会い「Supreme / 最高の, Sublime 崇高な, 雄大な」

と絶賛を受けた。



コレクターの中には、ジョンレノンの息子であるジュリアンレノンや、ジミーペイジ(レッドツェッペリン)のパーソナル

マネージャーなど音楽関係者もいる。



イギリス・ケント生まれ。

幼年期は、スコットランドの田舎・スターリングシャーで過ごす。
早くからデッサンや音楽に対しての才能を示していたが、当時はまず音楽への情熱の方がすぐに勝ってしまう。

11歳で家族と共にケントに戻り、当時ロック全盛期のロンドンで、いくつかのバンドに参加。作詞作曲も始め、15、6歳ですでにストーンズやピンクフロイド,又、ヤードバーズ等、数々の有名バンド(ビートルズ以外)の前座を務め、ケントやロンドンでも若い新人ドラマーとして知られて行った。


18歳でロンドンに移り、マークアシュトンと名を変え「レアバード」と言うバンドに加入。間もなく彼等の最初のシングル​「Sympathy」は国際的な大ヒットとなる。



1980年からソロ活動のため、ニューヨーク,そして、ロサンジェルスに移転。
スコットランドの自然とは全く異なるアメリカの大自然に驚嘆し、絵画に対する新たなる愛を見いだしてしまうヴェイ。  作曲と絵画創作を同時進行させ、新しい創作の世界を広げて行く。

ニューヨーク、ロンドン、バルセロナ、サントロペ、ハンブルグ、ニース等、世界各地で個展を開き、国際的に幅広い活動を行っている。



2000年初期、ヴェイはヨーロッパに戻りスペインで3年生活した後、現在は南仏コートダジュールのニースに制作活動の拠点を移した。

地中海の光に対する愛は、ヴェイの作品に大きな力を与え続けている。

Guitar Rock
Rare Bird マーク左から2番目
Charisma Records
Modern Pilgrims 1988
Show More

Mark Ashton Vey Art

Discription of art "Musicalist"     

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now